2015年06月26日

パールイズミのハイエンドモデル「プレミアム ビブ パンツ(T250-3DNP)」を購入しました

これまで春夏シーズンにはパールイズミの安いレーサーパンツを使ってきましたが、パッドやそれ以外の部分がかなりくたびれきたため、グレードの高いものを試してみることにしました。

■注文

最上級グレードである「3D-ネオ プラス」パッドを使用したビブパンツはパールイズミのビブパンツのページによるとセパレート有り無しの2種類ありますが、身につけた時の一体感を重視してセパレートなしのタイプを選びました。

2015年の最新モデルはパールイズミのロゴマークが前後に妙に大きくプリントされていて自分にとってはいまひとつだったので、2014年モデルを試しに2つ注文しました。

ネット通販ですとAmazonより楽天市場のほうが安く、また楽天市場の一部の店舗では現時点でポイント10倍セールをやっています。定価の1割である約1,500円がポイントとしてもらえるのでこちらをおすすめします。

■使用感

3D-ネオ プラス」パッドのお陰で、長距離を走っても股の部分が痛くなりにくいです。一つ下のグレードである「3D-ネオ」のパンツは既に数シーズンかけて試していますが、違いを感じます。コールドブラックの効果で太もも部分がひんやり涼しいです。

自分の体型から選んだサイズはこれまでと同じXLサイズでピッタリでした。サイクリストの体から型抜きした立体形状ということで、安価なモデルよりもカッチリと作られており、履くと特に太もも部分がピタッと合う感じがします。裾の部分は締め付けがなくややゆったりしています。
posted by bicyclegeek at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェア(下) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月25日

パールイズミ PEARLIZUMI T6000-3D ウインドブレーク ビブタイツ

北風があるかにもよりますが、気温10度弱くらいまでは、クエストパンツ(206SMT)ハンディタイツ(993)の組み合わせでいけます。脚にピッタリなのでとても履き心地がよくて気に入ってます。

でも、それより低い気温になると、特に重ね着になっていない膝から下がキツイので、このウインドブレーク ビブタイツ(T6000-3D)を使っています。パールイズミのサイズ表と自分のサイズからXLサイズを選びました。自分が買った11月頃には1万4千円しましたが、2月現在では在庫処分ということで1万2千円台で買えるようです。たださすがに在庫数は少なくなっているので、来年以降のためにも早めに注文しておくのが良いと思います。

5度対応で厚めの生地で作られているため、ハンディタイツのようにピッタリな履き心地とはさすがにいかないかもしれません。でも、乗車姿勢を取れば体にかなりピッタリとしますし、確かに暖かいです。ファスナーがお腹のあたりまであるので、トイレも問題ありません(冬場はトイレが近くなりますから大事ですよね)。早朝など寒い時間帯に走ることのある方にもお勧めです。

T6000-3D.jpg
posted by bicyclegeek at 19:12 | Comment(0) | ウェア(下) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パールイズミ PEARLIZUMI 7911 ウィンドブレーク ライト ロード シューズカバー

5度対応のシューズカバーです。自分が買った11月頃には4千円台でしたが、これも2月に入って在庫処分セールを行う店が増えてきて、3千円台で買えるようになっています。

自分の足の大きさをサイズ表と照らしあわせて、Lサイズを注文してみたんですが、小さかったです・・・。シューズはなんとか収まるんですが、きつくてピチピチなので装着に手間が掛かるし、足首が通る部分がかなり斜めになってしまい、後ろにあるファスナーが閉まらなかったので、これはヤフオクに流し、同じ店でXLサイズを買い直しました。

暖かさについてはほぼ問題なく、以前に悩んでいたように足の指先が霜焼けになることもありません。ただ、5度前後ですと、地表近くはかなり冷えているせいか、一時的に寒さを感じることもありますので、万全を期したいという方は0度対応のウィンドブレーク ロード シューズカバー(7906)を選んだほうがいいかもしれません。

あと、シューズカバーの踵の部分が地面に当たるので、少し切れてきます。下の画像は今シーズン3ヶ月半ほどほぼ毎日使ったものです。やはり停車時に左足のほうがビンディングから外して足を地面につけることが多いため、切れている部分は右よりも多めです。でも、材質上切れた部分が広がっていってしまうということもなさそうなので、当分使えそうです。

自分は目的地でビンディングシューズ+シューズカバーで何百メートルも歩いてしまったりしているので、そういうことをしなければ、もっと良い状態を維持できると思います。

長い上り坂に入る手前など、走行中に靴をきつく締めたくなることもあると思います。締め具の部分に小窓のようなものがあるわけではないのですが、カバーをつけた状態できつく・ゆるくすることはできます。ちなみに、SPECIALIZEDのシューズカバーには小窓が付いていて、そこからきつさの調整がしやすくなっているんですよね。必須というほどではないですが、面白いなあと思います。


(画像をクリックすると拡大できます)
IMG_20130204_134651.jpgIMG_20130204_134710.jpg
posted by bicyclegeek at 16:17 | Comment(0) | ウェア(下) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月06日

パールイズミ ウィンターソックス

冬用の靴下です。2月に入りネットショップでは在庫処分セールが行われるようになってきました。こういうときにまとめ買いしておくのがオススメです。ウェアによってはサイズ表が参考にならないこともあるんですが、今回はサイズ表どおり、自分の足のサイズでLサイズがピッタリでした。5枚買ってローテーションしています。履き心地が良いです。
posted by bicyclegeek at 21:39 | Comment(0) | ウェア(下) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年07月29日

パールイズミ クエストパンツ(206SMT)とハンディタイツ(993)

手頃な価格で、定番のクエストパンツです。見た目は地味ですが、履き心地よく、毎日使っています。上位モデルに比べるとパッドの形状がシンプルですが、これも必要十分だと思います。股下の痛みに悩んでいる方は良いパッドに変えてみようかと考えるのかもしれませんが、それより正しいフォームで体重を分散させることのほうが大事だと思います。

ハンディタイツも脚にピッタリですごく履き心地がいいんですよ。寒い時期の普段着にもしてしまおうかと思ってしまうほどです!自分の体格ですとパールイズミのサイズ表ではLサイズでもよさそうなんですが、使っているのはどちらもXLサイズです。Lサイズでは小さすぎて全くダメでした。

パールイズミのパッドなしモデルは、ハンディタイツ(10℃) と ウィンドブレークタイツ(5℃)の二つのみ。パッド付きのものよりも価格が抑えめなのが良いですね。後者は新製品なので、11月始めの時点で扱っているウェブショップは少なかったですが、段々増えてきました。


この商品であえて気になるところを挙げると、自分はこの206SMTの上に、パッドなしタイプのハンディタイツ(993)を冬場に履いているんですが、206SMTの裾というか、一番下の部分が下がってきてしまうことがあります。たぶんハンディタイツと微妙にこすれているからでしょうね。

なので、このように重ねて履くときには、206SMTの裾を、これだけで履く時より数センチ上に引き上げてからハンディタイツを履いています。これで解決しました。
posted by bicyclegeek at 14:47 | Comment(0) | ウェア(下) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする